病気の遺伝子検査について

病気の中で最も恐れられているのががんと言って間違いないでしょう。がんは放置するとがん細胞が増殖し全身に転移してしまい、それを摘出して完治することが出来なくなるので恐ろしい病気とされているのです。しかしがんは最近遺伝子検査によってある程度どのがんになりやすいか予測できるようになっているのです。ハリウッドの女優もこの検査によってあらかじめ乳房の摘出を行い、がんに陥ることを回避することに成功しています。このように重篤な病を回避するには健康なうちから積極的に医療機関で診てもらい、それに対する対策を講じることが大事なのです。

多くの人が持つ病気の発症リスク

病気の原因は、大きくわけてウイルスや真正細菌、菌類、原生動物など環境要因と親から受け継いだ体質や染色体異常などの遺伝要因があり、近年の研究で後者が様々な疾患の発症に関与しているとされ、感染後の重症化や致死及び不顕性感染にも影響を与える免疫力にも大きく関与しているとされています。一般的に遺伝疾患は、発症が非常に稀有な疾患のイメージをもっている人達が多くいますが、本態性高血圧や糖尿病、生活習慣病、老年期痴呆、緑内障、白内障なども先天性の病気であり、異常のない人達よりも発症リスクが数倍高くなっています。

↑PAGE TOP

Copyright © 遺伝子検査で病気がわかる All rights reserved